投稿日: カテゴリー シンポジウム 活動レポート

第一部 特別講演「変わりつつある海の環境…ゆっくり、そして確実に」

国立研究開発法人 海洋研究開発機構 研究担当理事 白山 義久氏の特別講演「変わりつつある海の環境・・・ゆっくり、そして確実に」では二酸化炭素の排出による地球温暖化と海の酸性化についてスライドを交え詳しくご解説いただきました。

海洋研究開発機構(JAMSTEC ジャムステック)の活動内容や機構の保有する最新の船舶の紹介。

地球がこれまで経験したことのない急激な二酸化酸素の濃度上昇によるサンゴや貝類、ウニなど殻を持つ生物への影響。

DSC_0537

このまま二酸化炭素の排出が進んでしまった場合、近い未来にどの様な事が起きてしまうのかなど、「よくないこと」程度にとらえていた二酸化炭素の排出や地球温暖化が地球や人類にとっていかに大きな影響を与えているかを理解することができました。

 

最後に先生から「温暖化対策ではなく、先ずは身近な生物たちを守るというふうに考えてほしい」とのお言葉があり、地球温暖化を身近に感じることで自分たちのできることをひとつひとつ進めていければと感じました。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事