投稿日: カテゴリー リクガメレポート 活動レポート

2015年11月リクガメレポート

 

奄美大島の様子

奄美はまだ日中は半袖、半ズボンで過ごせるほどまだ暖かいです。日中の海は青くまだ海水浴をしている方を見かけられます。夕暮れは涼しく空は秋を感じさせてくれます。 スポーツの秋という事で毎週土、日 にはあちこちでスポーツの大会が行われています。今年もベイスターズのキャンプが始まりました。

image008 image007 image006 image002

マダガスカルホシガメの様子

11月に入り気温は急激に下がる事はなくカメ達には過ごしやすい温度になっています。日中は気温が高い日でも27度ぐらいで夏場はじっとしてることが多かったのですが11月に入り頻繁に動いていて餌をよく食べてくれています。体重の変化も大きく減っている個体はなく全頭良好です。首の炎症が見られるカメは甲羅があたって炎症しているようなので甲羅をヤスリで削り首にあたらないようにします。冬対策としてサークルをビニールで覆いました。温度を観察しつつストーブ、ライト等で調整します。12月以降温度管理には気を付けて行きます。あと日光が入らないため屋根部分を一部切り取り透明ビニールを張ります。一週間に一度カメフードを与えています。温浴も継続して続けて行きます。

image015image016 image013

コキサカオウムのボルト(♂)とノエル(♀)の様子

奄美の日中は、まだ過ごしやすい気温になっています。
ノエル・ボルトの方は、毎朝顔を出すと、おはようと言ってくれます。
先におはようの声をかけるのは、ボルトなのですが、ノエルはバイバイです。
まだまだ、気温の方も安定しそうでが、夕暮れと明け方は、少し気温が下がる時もあるので、夜は入口のビニールを下ろして寒さしのぎをしています。
二羽とも食欲もあり、元気です。

image020 image019 image022

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事