投稿日: カテゴリー 活動レポート

【12/14開催報告】魚の目利きを習い丸ごと裁き美味しく喰らおうツアー報告

夢みたい会議初企画『魚の目利きを習い丸ごと捌き美味しく喰らおうツアー』を開催いたしました。

今回の企画は、自然の恵みである海の幸「魚」をテーマに残さないもったいない精神で調理に挑戦するものです。55歳以上のメンバーに相応しい企画だと思っています。

実施日:2020年12月14日

参加者:7名

 

朝7時に新橋駅機関車前に集合。

参加者は私を含めて5名+講師(調理等指導して下さる『ふじ波』の難波さんご夫婦)

の計7名で一路豊洲市場へバスにて移動。

とても活気ある市場です。

開場後おおよそ一年、まだまだきれいです!

場内に入り多くのお店をみます。(築地市場とは随分と違い近代的。)

ターレ(場内の商品を移動させる車)があわただしく活躍してます。

難波さんの案内にて、一般コースから業者さんが変えるゾーンに踏み入ります。

『安い!』『新鮮!!』『旨そう!!』『早く喰いたい!』等々の感情を大人の

理性を持って辛うじてセーブ・辛い………。

調理実習用のお刺身用に『鯵』・煮付け用に『カサゴ』・絞め様に『鯖』を購入。

(ついでに、欲にまかせ『生牡蠣』『小さいけど黒鮑』も!)

 

購入後、バス・地下鉄にて一目散に四谷三丁目『ふじ波』へ。

さあ、これからが本番です。

難波先生のご指導の下に皆さん悪戦苦闘です。

絆創膏が必要かしら(笑)

何とか出来たぞーーーーーーーー。

やり遂げた達成感と共に皆さん満面の笑顔です。

そして・・・・・・・やはり最後は『かんぱーーーい』。

調理時間は、約90分。

調理実習で調理したお魚に加え、お店のお料理を多少、そしてお酒を。

散会は14時。

無事ケガ人もなく、皆さんの笑みと共に一日過ごす事ができました。

魚の目利きに関しては、当たり前ですが市場に活きの悪い魚がいる訳もなく、口頭にて豊洲の魚たちの鮮度の良さを説明し、よく観察後、宿題としてご家庭の近隣スーパーなどで比較していただくこととしました。

参加者の皆様が現在、ますます包丁修行されていると信じて、「お疲れさまでした」。

リーダー 益子

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事