投稿日: カテゴリー ウミガメレポート 活動レポート

2019年2月ウミガメレポート

2/7 標識付け説明と報告会相談会

標識付けの説明を行なったところ「かわいそう」「自分でできない」という声が上がったが、標識付けの意義などを丁寧に説明したところ理解をしてくれたようだ。発表会のテーマ決めでは、こちらから候補を列挙し、そのなかから子ども達が発表をしたい内容をピックアップして、それぞれグループが分かれていった。一部のグループのメンバー構成に不安な部分があるが、頑張ってもらいたい。

【子供たちの感想】

・標識付けるのがかわいそう

・標識をつけてみたい

・発表会を頑張りたい

 

2/25 定期計測&標識付け

多くの子ども達は自分たちで、自分が放流するウミガメに対して標識付けをすることができた。生まれたときから見守ってきたウミガメに標識をつけるのに抵抗がある子どももいたが、標識付けをする意義の説明を丁寧に行い理解をしてもらうことができた。子ども達はタグ付けだけでなく、名前をつけたことで、より親近感と別れの寂しさを感じたようだ。

【子供たちの感想】

・タグ付けるのが楽しかった

・タグ付けるのがかわいそうだった

・放流するのが楽しみ

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事