投稿日: カテゴリー ウミガメレポート 活動レポート

2016年12月ウミガメレポート

12/1 解剖見学

2015年生まれの1歳ガメ2頭の解剖を行いました。
毎年その匂いや光景に耐えられない子が何人もいるのですが、今年の5年生は「触ってみたい!」「切ってみたい!」と興味津々の眼差しで釘いるように解剖のようすを見学していました。
中には前日に図鑑を読んでからだのつくりの勉強をしたという子もいて、どの臓器がどんな役目をしているのかも積極的に答えてくれました。
腸の長さを計ったり、気管から肺に空気を入れてみたりと、カメのからだに触れる体験学習が子どもたちの印象に強く残ったようです。

【子ども達の感想】
・肺に空気をいれるとすごく膨らんで面白かった。
・腸の長さが思った以上に長くてびっくりした。(甲長約20cmの個体で約2.5mありました)
・カメのからだの中を観察できて面白かった。


12/21 定期計測&水槽掃除

今年最後のカメ学習です。
すっかり水温も低くなり、冬の気候になってきた今日この頃ですが、定期計測と並行して水槽掃除も行いました。
さすがに最初は「冷たい!」といった声が飛び交っていましたが、慣れてくると服が濡れてもおかまいなしに、みんな楽しみながら掃除をしてくれました。
また余った時間で子ガメの甲羅磨きもお願いしたのですが、やり始めると集中してくるようで、「もう時間だから終了していいよ」と声をかけても「あと3匹で目途がつくからそこまでやりたい!」という頼もしい返事が返ってきました。
定期計測では5年生ガメは頭数が少ないながらも成長の良い個体も多く、先月と比べても目覚ましい成長が確認できました。
いよいよ次回からは3学期。
カメ学習もまとめに向けて動いていく予定です。

【子どもたちの感想】
・みんなで賑やかに水槽掃除ができて楽しかった。
・甲羅磨きをしっかりやれてうれしかった。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事