投稿日: カテゴリー リクガメレポート 活動レポート

2017年4月リクガメレポート

奄美大島に関するコメント

4月入り春を通り越し夏を感じるようになってきました。日中は半袖、半ズボンで過ごす方もおおくなってきました。ハイビスカスは奄美のいたるとこで咲き始めリュウキュウアサミマダラは花の蜜をもとめ多く見かけるようになってきました。夏に向けバナナの方も色つき初め今年初収獲です。奄美は気候的に過ごしやすくなってきました。


マダガスカルホシガメの様子

4月に入り暖かくなってきて最低気温も15℃を下回らなくなってきたので外のサークルへ移動しています。夜は少し肌寒いので厚いビニールで保温できるようにしています。先月はじっとしている事がおおかったのですが餌の時間や朝夕は活発に動き始めています。今月からは気温が徐々に高くなってきているので暑さや乾燥に気を付けビニールの開閉やある程度の湿度を保てるように気を付け観察をしていきます。体重も増えて来ているので餌も増やしていきます。全頭良好です。


コキサカオウムの様子 ボルト(♂)とノエル(♀)

気温的に過ごし易くなってきていますので換気を常にしていきます。餌もよく食べています。1羽1日50gずつ与えています。最近は話しかけてあげると返答してくれて警戒心も少なくなっている様に感じます。来月も今月と同じように飼育をしていきます。巣箱作成をして設置も進めていく予定です。

← ボルト  ノエル →

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事