投稿日: カテゴリー リクガメレポート 活動レポート

2017年1月リクガメレポート

奄美大島に関するコメント

1月に入り奄美は昼間も肌寒くなる事が多くなってきて気温的には10℃下回ることはありませんが風が強く体感温度では低く感じています。奄美のタンカンが収穫時期に入っています。真ん中の写真のような虹がここ最近多いです。雨が降ったり晴れたりを繰り返しています。農園の畑では最近このカエルを良く見かけます。


マダガスカルホシガメの様子

1月の前半気温が低く温度差があるので室内へ移動しました。餌を食べる事が少なくなりじっと動かない事が多くなってきました。3日に一度ぐらいでしょうか餌を食べている形跡があります。カメフードもあまり食べません。現在はブルーシートの下に園芸用のカーッペットを設置しています。室内の温度は18℃ぐらいです。2月前にはライトの設置まで行います。寒さに気を付け飼育管理をしていきます。


コキサカオウムの様子 ボルト(♂)とノエル(♀)

今月ゲージの補修予定ですがあまり進んでいません。早めに行います。ノエルとボルトは良好です。餌も与えた分全部食べています。寒さの影響は無さそうですが気を付けて観察しています。最近は大きなわめき声を聞くことが無くなってきました。大分人馴れしてきています。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事