投稿日: カテゴリー リクガメレポート 活動レポート

2016年4月リクガメレポート

奄美大島の様子

4月に入り気温も安定してきました。農園の作物は生姜は春を感じたのか芽が動き出してきました。去年は2月後半にはパッションの花は咲いていたのですが今年は暖冬の影響と一月の寒波の影響で3月後半から花が咲き始めています。最初に受粉したパッションは大きくなってきています。マンゴーも去年に比べると農園だけではなく奄美大島全体的に開花が遅く暖冬の影響で花をもたない樹が多くあるそうです。

マダガスカルホシガメの様子

4月に入り暖かくなってきたのでビニールを除去し観察をしています。ライトとカーペット、ヒーターも使用を続けていますが気温に対して調整しています。20℃を下回る日も少なくなっていて4月半ばから雨が多くなり湿度が高くなってきました。カメ達には今の室内温度、湿度がちょうどいいのか活発になってきています。食欲も出てきていて餌・カメフードよく食べてくれます。体重も10番以外は増えています。10番も食欲がないというわけではありません。気温が高い日には外のサークルで観察しなるべく紫外線にあてるようにしています。糞は全頭していますがしてない日もあり少しゆるい糞が多いです。気温が安定はしてきていますが雨が多くなってきているので外のサークルに移す際は気を付けたいと思います。

コキサカオウムの様子

4月に入り奄美の方では気温が安定してきました。
体重の方も、変動はありません。
主食用の餌に、アワ入りの物も与えていますが、今月からアワの方も少し多めに与えています。
気温の方も暖かいので、いつでも卵が産める状態を作り観察していきます。
ボルト・ノエル共に、変わった様子なく元気です。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事