投稿日: カテゴリー ウミガメレポート 活動レポートタグ

2016年2月ウミガメレポート

IMGP4961

2/4 骨格標本作成(骨の抜き出し)

12月に解剖した1歳ガメの骨を抜き出し、各部位ごとの骨格標本を作成します。今回は小さめのカメなので肉は取りやすくなりますが、骨が小さく作業も細かくなります。頭・背甲・腹甲・右前肢・左前肢・尻尾両後肢の6部位6グループに分かれて作業を行いました。煮込んで柔らかくなった各部位の肉を剥がしていくのですが、ゼラチン質なカメ肉は手やピンセットなどにくっつき、子ども達の作業を阻みます。それでもみんな集中が切れるまで骨を抜き出し続け、こちらが驚くほど細かい骨まで見事に抜き出してくれました。学習が終わるとみんな骨の細かさに疲れ、次回の組み立てに自信を無くす子も何人かいました。

【子ども達の感想】

・肉がベタベタして作業し辛かった

・骨と骨の関節周りの肉が取りにくかった。

・思ったほど匂いがきつくなく、安心した。

2/19 骨格標本作成(骨の組み立て)

前回抜き出した骨を組み立てていきます。骨が細かすぎるので、ピンセットを使って作業を行いました。腹甲などの大きな骨は比較的簡単に組み立てることができるので始めのうちは順調に作業が進んでいましたが、紛失している小さな骨も多く、後半の作業は難航しました。上手く骨が繋がらないストレスも相まって集中が切れてしまう子もいましたが、それでも限られた時間の中でできるだけ完成に近づけてくれました。「もう少し挑戦したい」という声も挙がったので、続きは有志で作業する予定です。

【子ども達の感想】

・骨が繊細で難しかった。

・上手くくっつかなくて大変だった。

・難しかったけど面白かった。

2/25 定期計測&水槽掃除

5年生ガメも放流まであと1か月を切りました。今回が定期計測としては最後の計測となります。毎月順調に成長している5年生ガメですが、今月の平均は先月と比べると大きな変化がなく、著しい成長を期待していた5年生たちは、少し意外なようすでした。生後半年以上経ち、5年生ガメは爆発的な成長時期から緩やかな成長時期に変化したようです。また今回の水槽掃除はいつもに比べると汚れが少ない水槽だったため、掃除に慣れている5年生にとっては少し物足りなかったようです。

【子ども達の感想】

・先月に比べてあまり成長してなかったのでびっくりした。

・特に甲幅に変化がなかった。

・水槽はそこまで汚れてなかったけど、壁を触るとぬめっとした。

2月25日
水温 21.2℃
体重(平均) 1400g
最大個体 1835g
直背甲長 20.1cm
直背甲幅 16.8cm

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事