投稿日: カテゴリー リクガメレポート 活動レポート

2016年6月リクガメレポート

奄美大島に関するコメント

6月に入り晴れ間が多く夏のような猛暑日で湿度も高く蒸し風呂のような日が続いています。すももの加工も始まり農園ではパッション収穫が6月から始まっています。農園のドラゴンフルーツの花も咲き熱帯作物の収穫が動き始めています。来月はマンゴー収穫も始まります。奄美では浜おれ旧暦の3月3日に行う行事ですが龍郷町は6月各集落で浜おれがおこなわれました。浜おれは豊作、豊漁、無病息災を願う行事です。


マダガスカルホシガメの様子

奄美は蒸し暑い日が続いていますがカメ達には朝と夕方は活発に動いています。昼間は日差しが強くなく日陰でじっとしています。冬は軟便が多かったですが最近は少し硬い糞に戻って来ました。食欲も良く朝あげた餌が夕方にはなくなっています。量も少しずつ増やしています。体重の変化を見ると10番と29番が体重が増えないので隔離して様子を見て行きます。月に一回の温浴と3日に一度カメフードを与える事を続けています。今月に入り交尾をするようになってきています。元気になってきているので今後卵を産まないか気を付けて観察していきます。


コキサカオウムの様子 ボルト(♂)とノエル(♀)

奄美の方でも梅雨が明け、日差しの強い日々が続きそうです。
体重の方の変動も無く元気いっぱいです。
今月の17日から、主食で与えている餌と別で、奄美プラム(スモモ)
の種をあげています。
農園で加工した後の種を保存し与えています。
最初の2日間位は、見向きもしなかったのですが、徐々に興味を示すようになりました。
加工した後の物は、冷凍保存しているため、日持ちもいたします。
これから先も、マンゴーなどの種なども出てくるので、取り置きをしてから与えていきます。
様子を見て、体重なども確認しながら観察を続けて行きます。

 

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事